ある病気の治り方(特別レポート)

治った患者さんの特徴を挙げます。

なんの病気でしょう?

 参考 岡本 裕 「9割の医者は〇〇を誤解している」

          飛鳥新社 2010年

①考え方を変えた人

②生活習慣を変えた人

③努力を惜しまない人

④感謝の気持ちのある人

⑤自立心のある人

⑥生きがいを持っている人

⑦夢のある人

⑧意志の強い人

⑨治ろうと思う人

⑩死生感のしっかりした人(死の哲学?)

⑪楽観的な人

⑫病気と仲良くできる人

さあ、何の病気でしょう?

正解は     癌(がん)でした。

癌こそ自分の力で治すべきものです。医者任せにしないことです。メンタル関係もそう原則は変わらないでしょう。

医者の力は無駄? ではないです。医者は十分な経験と知識があります。患者と医者のコラボレーション(協力関係)が理想的です。二人三脚がいいと思います。個々については後日詳しく説明します。

絶対してはいけないことは?

あきらめることです。

あきらめからは何も生まれないでしょう。

令和2年7月6日 文責 脇元 安

前の記事

お知らせ